0_1



涙が止まらない日曜日




こんばんは。ハロハロTiME管理人です。
あっという間に師走です。早いですね。
うたちゃんフィーバーに始まり、Berryz工房の無期限活動休止、うたちゃんの脱退、カントリー新メン、そして福田・鞘師の卒業発表というハロプロ激動の2015年もあと1か月です。


タイトル通り、11月29日のまろ卒コンに行ってきました。

前日は楽しみすぎて全然寝られず睡眠時間1時間。
さゆ卒のことがあったので始発でグッズ並びに行きました。

何人くらいならんでるかなあ、100人くらいいるかなあ、
なんて怯えながら武道館に到着したら並んでいたのは10人程度でズコー。
おかげで物販開始から10分で買い終わりましたが。

買ったものは後ほど。


席は2階のファミ席でした。
武道館恒例の開演直前の1F南スタンドのハロメン観察。
雅ちゃんがくっそ目立つ白のハットとコート身に着けてて苦笑

とりあえずセトリ。



01. 出すぎた杭は打たれない
02. 七転び八起き
03. 新・日本のすすめ!
04. 地球は今日も愛を育む
05. ええか!?
06. ドンデンガエシ
07. 乙女の逆襲
08. 寒いね。
09. プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
10. 夢見る 15歳
11. ふたりはNS(福田花音・和田彩花)
12. 黄色い自転車とサンドウィッチ(福田花音・佐々木莉佳子)
13. しっかりしてよ!もう(福田花音・相川茉穂)
14. 踊ろうよ(福田花音・室田瑞希)
15. すまいるブルース(福田花音・田村芽実)
16. 恋人は心の応援団(福田花音・勝田里奈)
17. ねぇ 先輩(福田花音・竹内朱莉)
18. ヤッタルチャン(福田花音・中西香菜)
19. わたし(福田花音)
20. 交差点
21. 私、ちょいとカワイイ裏番長
22. 新しい私になれ!
23. 同じ時給で働く友達の美人ママ
24. 有頂天LOVE
25. 臥薪嘗胆
26. 友よ
27. 大器晩成
<アンコール>
28. 私の心(福田花音)
29. 旅立ちの春が来た
30. スキちゃん




まろ卒ながら基本的にあいあいを目で追ってましたが、
最初のデス杭の時点で目を引いたのはタケ。

0_4

なんやねんこの髪型、可愛すぎるやろw
いつもはイジられ役なのに、コンサートになったら歌でみんなをグイグイ引っ張っていくギャップにイチコロです。


一方のあいあい。

0_5


「みなさんこんにちはぁ〜」

まあこのキャラが好きなんですがw

アンジュルムのコンサートを見るのは、5月の武道館以来なのですが、
その頃と比べるとずいぶん表情がにこやかになったなあと思います。
まだまだ歌の面で危なっかしさがありますが、1つ1つ課題をクリアしていって成長してほしいです。


セトリに話を戻して、とりわけ目立つのが、11〜18までの残ったメンバーとのデュエットメドレーでしょう。
なんの番組かは忘れましたが、まろが「今まで卒コンを見てきて、やりたいと思いついた演出があったので取り入れた」みたいなことを言ってたので、これがそれなのかなと。

0_6
0_7
0_8
0_9

これほどアンバランスなコンビがあるでしょうかw
あいあいはどちらかと言えばあやちょ寄りだったし、2人で喋ってるのあまり見ないし・・・。
デュエットというよりは、「まろ+あいあい」になってる印象でした。


0_10
ほんと笑いを忘れないアンジュルム好きです。


そして、忘れてはいけないのがまろたけコンビ。
0_11
0_12
0_13
0_14

ねえ先輩の歌詞に合わせて遊ぶ2人。
スカパーではカメラワークが残念でしたが、DVDでは修正しろください。

AS1422にまろが遊びにきたときに、散々タケをいじり倒して帰ったのがすごい印象に残ってて、
このコンビが見れなくなってしまうのはとても寂しいです。


その後の「交差点」では、途中まろがセンターステージに現れ本ステージで歌うメンバーを見守る演出。
0_15
まろが泣き出したせいなのか、みんながうるうるきだしてて、つい私も涙が・・・。
タケが泣いてるのみると本当につられる。


ホールツアーではめいめいが担当してたちょいカワ裏番長の煽り。
0_16
武道館では、最後ということでまろがやるかなあと思ってましたが変更無しでめいめい。
いやそこはまろだろと言いたいですが、これが継承なんだろうと解釈。


アンコ前は「友よ」→「大器晩成」だったのですが、反対でも良かったんじゃないかなあ。

大器晩成がきっかけでアンジュルムがグッと上昇したのは確かですが、
前回武道館で最初と最後の2回歌うという暴挙をかましておいて、またアンコ前に持ってくるってのはちょっと。
それくらい「友よ」が個人的に好きってことの裏返しでもあります。サンキュー卓偉


そしてアンコール明けはまろの「私の心」。

ここでこれもってくるかー、流石まろ

の一言。
なんとなくまろがこの曲好きだってことは分かってたんですが、
基本的に全員で歌う印象が強かった曲なので、ここでの選曲にはなるほどーと唸りました。
0_17
0_18
0_19
ここまでスカパー見てれば書ける感想ばかりなので(笑)現場ネタを入れるとすれば、
ここで雪のようなものが散る演出がありますが、1つすっごいでかいティッシュみたいなのが落ちてきて、
そこはちゃんとしろよと思いましたw

最後は、あやちょがまろにボールペンを借りパクされたという安定のエピソードを披露し、ちゃんとまろが捨てたというオチをつけた上でスキちゃんで終了。
0_20
0_21
0_23
0_24

あやかのん。この関係、数年前にも娘でれいなとさゆという似たようなものがありました。
でも、さゆれなは「ビジネスパートナー」、あやかのんは「夫婦」。
ここにスマイレージ→アンジュルムというグループの物語、特徴がよく現れているのかなと。

0_25
0_26

まろ。2011年末の池袋噴水広場でのPMPWの即売イベ。
ゆうかりん目当てで行った初めての握手会で、「楽しかったよ」と言ってもよそ見しながら握手をしたまろのことは絶対に忘れません

という冗談はさておき。
なんとなく「まろの卒業はダメージ少ない」という雰囲気が流れていますが、
私はアンジュルムにとって結構な痛手ではと考えています。

歌の面で2期3期の向上は存分に認めたうえで、どっしりと前方または後方で構えていたのはまろであって。
2期の面白さを外に出す工夫をしていたのもまろなのであって。
あやちょの暴走をうまくたしなめていたのもまろなのであって。

と、私は憂いていますが、さまざまな修羅場を潜り抜けたアンジュルムのことです。
そんな杞憂は吹き飛ばしてくれるでしょう。
来年のコンサート楽しみにしていますよ。あやちょ、2期、3期、そしてkmkkrちゃん。


最後にグッズ。
0_2
0_27

A4集合は結構大きくてビックリ。みんな良い感じに映ってて多幸感出てます。

あとキーホルダー、まろとりかこ出たんですが、誰かあいあいと交換しませんか?w
現地で数人に声掛けたんですが、あいあいは出回っていないようで。

終演後の武道館。
0_3

来年もまた、アンジュルムの現場でここにこれますように。




S/mileage/ANGERME SELECTION ALBUM「大器晩成」(初回生産限定盤B)(DVD付)
アンジュルム
アップフロントワークス (2015-11-25)
売り上げランキング: 206