0_1



さくらへの思いがENDLESS SKY




こんばんは。ハロハロTiME管理人です。

さてさて今回は12/7に行われた娘。武道館コンサートの1日目に参加してきました。
最初に言うと2日目は諸事情で行ってません。

アンジュルムの物販で本気出して体調逝ったので、今回はのんびり行って物販は翌日に持ち越しましたw
グッズの写真はいつもどおり後回しで。


席はココイチの引きを見せアリーナAの前から3列目という絶好の位置。
前にはマサイもおらず、非常に快適なコンサート観戦でした。

とりあえずセトリから。




01.Oh my wish!
02.君の代わりは居やしない
03.What is LOVE?
 ※メンバー紹介VTR
04.スカッとMy Heart
05.The 摩天楼ショー
 ※MC1
06.冷たい風と片思い
07.愛の軍団
08.悲しき恋のメロディー
 ※MC2
09.笑えない話
10.愛され過ぎることはないのよ
11.Ambitious!野心的でいいじゃん
 ※MC3
12.【ソロコーナー】 明日を作るのは君 小田さくら
13.【ソロコーナー】 大阪恋の歌 鞘師里保
14.アイサレタイノニ 9期
15.友 (9期以外)
16.【メドレー】ウルフボーイ 〜TIKI BUN 〜(アクロバットダンスパフォーマンス)〜
        〜Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜ドッカ〜ン カプリッチオ
17.SONGS
18.Password is 0
19.わがまま気のまま愛のジョーク
20.まじですかスカ!
 ※MC4
21.One・Two・Three
アンコール
22.One and Only
 ※MC5
23.ENDLESS SKY
24.ここにいるぜぇ!




2曲目の「君の代わりは居やしない」から双眼鏡を使ってみたんですが、
小田ばっかり追ってたら「小田が俺を見ている!」ような瞬間が何度か。

以前にも前のほうの席でれいなを双眼鏡で追ってたら、同じことがあったような。
双眼鏡で目線が合うと、嬉しいと同時に何ともいたたまれない気持ちになります。

「君の代わりは居やしない」はエヴォリューション公演のせいで、
曲終わりに「ドーン」って入らないと拍子抜けする悪い癖が付いてしまいました。


メンバー紹介VTRは、いかにもクールハローっぽいもの。

「スカッとMy Heart」では、なんと途中で曲が途切れ途切れになる事件が発生。
数人で歌うパートのところだったのですが、ちゃんと石田らが歌ってたのが流石でした。

「The 摩天楼ショー」だったかは記憶があいまいですが、
小田が上向いて、まるでマイクがビールジョッキでそれを一気飲みするかのように歌ってて苦笑い。
さすが小田師匠。

そして、新曲の「冷たい風と片思い」。うーんこの曲はいいかなあ。
「夕暮れは雨上がり」枠の曲です(暴論)。

「悲しき恋のメロディー」。私が最初に入ったツアーがウルスマで、聞くのはそのとき以来か。
ユニゾンは新鮮で良いんだけど・・・ソロパートはもう少し頑張れるやろうと。

一方の「愛され過ぎることはないのよ」は見所満載。
そもそも自分が好きな曲ってのもありますし、サビをガンガンソロで回していく歌は圧倒されます。
中でも、あかねちんの「わーがままーもすこしだーけー」には驚き。あかねちん歌えるやん!


MC3は生田・鈴木・石田のトーク。テーマは「加入したときから振り返って」。
モーニング女学院だったらitunesに入れたまま聞かずに消去するような面子ですが、案外面白かったです。
スベリーズ+まとめ役ズッキだと相性が良いのでしょうか。

残念だったのは、2回も生田が面白いことやったのに、
アップで寄りすぎて2回とも表情捉えきれなかったカメラマン。
1回やって生田の動きが大きいと分かれば、2回目は引きで撮るべきでしょう。
会場が戸惑ってました。


多少イラっとしたところで、次の曲。
小田がふわふわドレスで登場したと思ったら、ソロで「明日を作るのは君」。
いやもうさくらの歌声で心が浄化されました!←宗教の宣伝ではありませn
盛り上がる曲で唸ってる小田も魅せますが、やっぱりさくらの可愛い声を生かすようなバラードもいいなあ。
入ったのが1日目で良かった!(白目)

絶対次のさくらのしらべいこ。
映像化は2日目なので、アップフロント様。次のDマガに絶対さくらソロ入れろください。お願いします。


鞘師ソロの「大阪恋の歌」。
サイリウムの色に影響されたのかは知りませんが、なんだか鞘師の情熱みたいのを感じました。
残りの9期3人が集まり「アイサレタイノニ」。会場のサイリウムの色が赤が一番多いのは当然として、


「あれ、ピンク少なくね?・・・」


飛んで飛んで「まじですかスカ!」では、 なかなか自分の方を向いてくれない野中の肩をポンポンと叩いて
振り向かせるさくらを鑑賞。

アンコ明けは「One and Only」。
0_2
ワンアンドオンリーに浜中は一発あると思います。

最後の挨拶では、鞘師が喋ってるときにウルッと来てるさくらを鑑賞。
まーちゃんが「まさきっす」をやったのは、2日目への伏線ということでしょうか(悲壮感を出さないために)。

「ENDLESS SKY」は次のシングルの3曲の中では“今のところ”一番でスキです。
若干アニソンぽいですが、メロディーに癒されます。

鞘師が「泣くわけないでしょ、泣くはずがない」って歌ったあとに、
残りのメンバーが「悔しいな、涙止まらない」って歌ってうわあああ


という感想をつぶやいてる人が多かったので、一応書き留めておきます。


最後は「ここにいるぜぇ!」。

このコンサートで一番気になったのは、「ここにいるぜぇ!」終了後。

いつもだったら、最後の曲のメロディーをアレンジしたものを流しながら、
メンバーが客席にお礼を言って終わります。

このメロディーアレンジが個人的にとても好きで、
これによってツアーの印象が変わるといっても過言では無いくらいなんですが、
今回は音も絞って、地味なサウンドをたらたら流してなんとなく終了

「終わっちゃったなあ!」という実感も沸かず、この最後はどうなんだろうと疑問に思いました。
こっちのほうが良いという人もいるかもしれませんが、個人的には一番この部分を直して欲しいです。


1公演振り返ってみれば、武道館のステージの端から端までメンバーが広がって歌う曲がいくつかあったんですが、
小田ちゃんは1回もこっちに来なかったなあ。
でも最後の挨拶で目が合った(ような気がした)から良いとしよう。

その分、まーちゃんやまりあが良く見えました。特にまーちゃんは仕上がってました。
あれはG1に出せるレベル。

また生田は2Fスタンドから1Fの端のほうの人まで、ちゃんと目線配ったり煽ったりしていて流石と思いました。



最後に回したグッズ。
2日目の公演中に買ったので並び時間ゼロで買うことができました!・・・・・・

0_3
0_4

ところが、鞘師と佐藤の日替わり売り切れで無事脂肪。まーちゃん凄い良く映ってたのになあ。
ピンポスは無駄に良い引きを見せたようです。


今回のレポはここまで。
明日、生タマゴショー見てくるので、気が向いたら記事上げます。

それでは。













鞘師卒業という急転直下の展開を迎えたモーニング娘’15。
歌、パフォーマンスでグループを引っ張り、鞘師からモーニング娘。のファンになった男女も抱えるなか、
卒業という道を進むことでグループはどの方面に進むのでしょうか。


突然ですが個人的にはアンジュルムが今キテます。
その魅力のひとつに「上下関係の緩さ」があげられると思います。

統率感は外からそれほど見えなくても確実にグループを引っ張るあやちょ。
いやむしろ2期3期があやちょを導いている?・・・

あのわちゃわちゃ感を出しながらもやるときはちゃんとやる。
そんなところに惹かれているのかもしれません。


比べてもしょーがないのは重々承知ですが、一方の今のモーニング娘。はどこか“やりづらさ”が見え隠れします。
某テレビ番組のは演出かもしれませんが、9期10期の上下関係など・・・。
じゃあ上下関係無くせばいいのかって言われると一概にはそうも言えなくて、
そのような矛盾した上下関係があるからこそ色々なドラマがあるわけで。

“せっかく”最後のプラチナ世代の道重がいなくなったんだから、
大きく舵を取るタイミングってのはそこにあったんじゃないかなあ。それを逸したんじゃないかなあ。

なんて今は思ってます。
まあメンバーが崩そうとしたところで事務所が許すとは思えませんが。

モー女で鞘師が言ってた、10期加入時の「りほって呼んでね!」って言葉が時々蘇ります。
鞘師自身は「友達が出来たって感覚だったんだろう」と振り返っていましたが、
それが鞘師の本能だとすれば・・・・・・


なんてつらつらとドヤ顔で書いていますが、簡単に片付ければ「さゆロス」なのかもしれませんw
TIKI BUNとかWILのMVを見てると「ああこの時代・・・」と思うついこの頃。


来年は歌割問題なんかも浮上します。これについては次回以降にちょっと語ろうかなとも思ってます。

それでは。


冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only(初回生産限定盤A)(DVD付)
モーニング娘。'15
UP-FRONT WORKS (2015-12-29)
売り上げランキング: 114

冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only(初回生産限定盤B)(DVD付)
モーニング娘。'15
UP-FRONT WORKS (2015-12-29)
売り上げランキング: 195