0_1



ハロプロ研修生も良いけど・・・




こんばんは。ハロハロTiME管理人です。
今回は2月13日(土)にZepp Tokyoで行われた研修生発表会(旧:生タマゴショー)に行ってきました。
当日はポカポカ陽気で、そこまで着込んでいかなくても大丈夫なくらいでした。

前回12月の生タマゴはファミリー席だったので今回は一般席に。
開演前に恒例?の「いっちゃん!いっちゃん!いちゃーーーーーん!!!」コール。お疲れ様です。

というわけでセトリ。

――――――――――

1. 負けるな わっしょい!(全員)
2. 気高く咲き誇れ!(つばき)
3. 青春まんまんなか(つばき)
4. チョット愚直に!猪突猛進(こぶし)
5. 桜ナイトフィーバー(こぶし)
MC1
6. シャボン玉(野村・山岸・堀江・前田)
7. 自転車チリリン(小野瑞・仲野・前田・秋山・金津・笠原)
8. 裸の裸の裸のKISS(一岡・加賀・井上ひ・段原・小野瑞)
9. 地球からの三重奏(岸本・段原・小野田)
MC2
10. かっちょええ!(つばき)
11. 愛はいつも君の中に(こぶし)
12 Do it! Now(山岸・岸本・加賀・井上ひ・段原・橋本・堀江・前田)
13. エイティーンエモーション(広瀬・和田・小片・谷本・横川・竹村・小野田・島野・高瀬)
14. Crying(井上ひ・横川・段原・竹村・小野田・小野瑞・仲野・秋山・笠原)
15. 青春Beatは16(一岡・加賀・橋本・堀江・島野・高瀬・前田・金津)
16. 天まで登れ!(全員)
17. 青春ソング(全員)

――――――――――

総勢36人ということで1曲目からメンバーを探すのが大変。しかもスタンディングの後方だったのでなおさら。
つばきメンが前に出てくるところで、りさまるを発見し、サイドポニーの髪型。
りさまるって見るたびに印象変えてくるので驚きます、中身全く変わってませんがw

と思っていると目の前に、しまばあこと島野萌々子と小野瑞歩ちゃんが。
小野ちゃんの全部中くらい感がホント好きです。

2曲目は「気高く咲き誇れ!」。1番のサビのあとのラップ「行くぜつばきファクトリー、Yeah!」のあとのヲタの歓声が失笑のようなトーンとボリュームでちょっと可哀想になりました。まあ当然なんですけどw
3曲目の「青春まんまんなか」は好きな曲なのにワンハーフになってしまい残念。

4・5曲目はこぶしの新曲。明らかにこちらの方がヲタも盛り上がっていました。
曲のせいってこともあるかもですが、つばきもうちょっと頑張ってほしいなあ。
「猪突猛進」は、落ち着かない曲でサビが無いような印象。
「桜ナイト」は、「日本の人々はどうにもこうにも忙しい」のとこで確実にパソコンを打つ振りをする藤丼が抜かれてて可愛い。
毎回2曲とも井上れいれいが「がなり」まくってて、
娘。でいう「石田のラップ」のような特徴を手に入れたなと感じました。

ここでMC。「テストあるある川柳」ということで、こぶしから藤井、野村、浜浦、井上、つばきから小片、新沼、谷本が登場。

野村「明日やる テストはすでに 明日です」
井上「一夜漬け 眠気に勝てぬ さあ寝よう」
小片「日本史で 新しい武士を 作り出す」
谷本「テスト勉強 いつのまにか 部屋掃除」


ということでりさまるが優勝しました。
りさまる歴女キャラか?と思ったらそうではなかったようで残念。

MCでも相変わらず活発なこぶし、おっとりなつばきが出ていましたが、
中でも谷本は結構自分から喋りに行ってて好感が持てました。りさまるも見習ってくださいw

次は「シャボン玉」。これがかなり良かったです。
「愛する人は、みなみだけー」で始まる内容で、中でも前田こころから一番「シャボン玉感」を感じました。
堀江ちゃんは大健闘でしたが、このメンバーに入るとちょっと分が悪いなあというところ。
声質に合ってないような面もあるのかな。
とはいえ、この発表会で一番と言ってもいい迫力を見られて曲でした。

続いて「自転車チリリン」。
これは研修生24期のメンバーが歌うというもの。私の一推しである小野瑞歩も登場です。
ここでも前田こころちゃん中心の構成。小野ちゃんは落ちサビのみでしたが、むしろ美味しいところと前向きに。
この曲は生で初めて?聞いたのですが、小野瑞・仲野・前田・秋山・金津・笠原というどこか味のあるメンバーが歌っていることにジーンときて泣きそうになってしまいましたw

曲調は打って変わって「裸の裸の裸のKISS」。
自転車チリリンから連続で歌わされる小野ちゃんはいろいろと可哀想でしたw
歌割も全然無く、一岡・加賀・段原がほとんど歌っていました。
まあ今はこの3人に歌わせれば、難しい曲もさらりでしょう。

そして岸本・段原・小野田による、「地球からの三重奏」。
個人的には段原が歌ってて、小野田がラララ言ってる部分が非常に心地よかったです。


ここからは普通に楽しんだのでレポらしいレポはありません。

・「かっちょええ!」は曲が谷本の雰囲気にマッチしていて、おっと思わせる場面でした。

・「エイティーンエモーション」のコールは、「超絶可愛い、○○!」じゃないんですか?
「L・O・V・E」のほうが多数派だったように自分の回りでは聞こえたのですが・・・

・最後の「青春ソング」では通路光臨。結構近くでりさまるが歌ってたんですが、一瞬誰か分からない異常事態w
のちに次々に研修生が走ってきましたが、「あー、あー、あー、あー」言ってたら終わりました。

そしてエンディング。曲が前回同様「彼女になりたい」でみんなではまちょーコールをして終了ですwww

全体の印象としては、上述通り「シャボン玉」「自転車チリリン」がとても良く、これを聞くために来たような感じです。

あと前回はかえDが独壇場みたいな演出だったのですが、今回は上位勢が均等に出ていました。
こっちのほうがいいなとは思うのですが、かえDなあ・・・
かえDが心から喜ぶ顔、死ぬまでに見たいなあ・・・。

最近かえDの動画漁ってたらコレが出てきて、

表情が硬いよ硬いよ。てか後編まだですか?

後は小野ちゃん。前回からちょっとずつだけど出番が増えてきたので、6月の発表会ではさらなる向上を期待してます!

最後にグッズ紹介。
0_10_2
加賀・堀江・小野瑞・笠原の日替わりと小野瑞の2Lです。かえDが笑顔!
コレ写は2枚買って、加賀と米村でした。
米村ちゃんは新人ですね。漢字間違ったとこ見えないようにしてるのが可愛い。
新人のとこはまとめで補完しようと思ってます。補完できないかもですが。

そういえば終演後に外にいたら女ヲタ2人が
「ねー桃々姫ちゃん見た?」
「見た見た、身長まことの半分しかなかったよねー」
という会話をしていて面白かったです。


それでは。

――――――――――――――――――――

まあ本来ならここでおしまいな訳ですが。
これなら誰でも書けるのでせっかくなのでこぼれ話。

公演前に物販が終わりお昼でも食べようと、ZeppTokyoの隣のヴィーナスフォートに行ってみると、
教会広場でX21がイベントをやるということでせっかくなので見てきました。

教会広場自体はハロ現場でもよく使われているものの、
「悪い番号だと見づらい」という声を聞いて敬遠している場所で、今回初めて行きました。

X21はオスカーだし結構ヲタもいるんだろうな、と思ったらイベント始まっても100人いないくらい。
優先エリアも優先券持ってる人が少なくてスペースあるので、開演ギリになったら誰でも入れるようになりました。
オスカー大丈夫なんかい・・・。

X21自体は面識?があって、食べ物コーナー目当てに一時期は「GO!オスカル!X21」を毎週録画していまして、
長尾真実ちゃんは以前から気になっていました。

で、イベント。
んまあスキルでは売ってないのかな、というのが印象でした(X21のガチヲタさんいたらごめんちゃいまりあ)。
ただ、やたら目つきが良くて誘ってくる可愛い子がいるなと思って、帰って調べてみたら田中珠里ちゃんでした。
0_30_4
左が田中珠里氏、右が長尾真実氏。可愛いですね。
そういえばいつのまにかX21は選抜メンみたいにコンパクトになっていました。
今回は吉本実憂氏はいなかったようです。まあ一番の売れっ子だから仕方ないか。

来週土曜日にはお馴染みの昭島モリタウンでイベントがあるみたい。近いな・・・。



℃-uteコンサートツアー2015秋 ~℃an't STOP!!~ [Blu-ray]
アップフロントワークス(ゼティマ) (2016-02-24)
売り上げランキング: 112